発達障害の子育て

旦那がADHD!!一緒に子育てできるか心配になったら考える3つの方法

「ADHDの旦那が子育てしなくて腹が立つ」

「なぜ、なにもしないの?毎日、毎日、イライラしてしょうがない」

 

どこの家庭でも起こりうる可能性が非常に高い、旦那が子育てをしない問題…

確かに普通の人でも、男性って子育てはしない、子育てを手伝うイメージってないですよね。

悲しい事に、現代でもこういったマインドをもった男性はたくさんいます。

 

しかし、これが、ADHDを持った旦那だったらどうでしょうか?

子育てに関して、手伝うのが難しい環境かもしれません。それでも、妻一人で子育てってかなり大変です。

大変な子育てで考えるべきポイントって、

妻である、あなたの子育てに対する負担がどう減るか?どうすればイライラや精神的な負担の軽減ができるのか?

という事だとおもいます。

そこで、本記事では

ADHDにも子育てをさせるための方法を、ADHD当事者(旦那の立場)である、私の経験を元に情報をまとめています。

 

妻の誘導の方法次第でADHD夫も子育てできる

結論を言えば、ADHDの旦那さんも子育てできます。

サンプル数1にはなってしまいますが、ADHD夫である私も子育て頑張っています。

  • 保育園の送り迎え
  • お風呂入れ
  • 寝かしつけ

などなど、一般的に旦那さんでもできるようなレベルの子育ては一通りできているつもりです。

 

私が、ここまでできている理由って、

妻から細かい、かつ的確な指示を出してもらえているからです。

 

「風呂掃除が終わったお湯をためて、子供たちをお風呂にいれて、パジャマは長そでを着せてね」

「寝る前は絵本を一冊だけ読んで、胸をポンポン軽くたたいて、部屋を真っ暗にして寝かせて」

などなど、ほんの一部ですが、これぐらい具体的に指示を出してくれます。

 

正直、面倒と思う事も多いです。

ただ、自分で考えて行動しているわけではないので、ロボットのように動くといった感じで淡々とできるわけです。

何度か繰り返すと、自然と自分でも「こういうときは、こうするんだよなー」ってわかってくるわけです。

 

つまり、何が言いたいかというよ、旦那は

子供は愛している、けど、子育ての方法がわからない

というのが本音なのではないでしょう。

ポイント

だったら子育ての本とかみて勉強しよろ!と突っ込まれそうですが、男の場合、子育ての話をするような相手もすくないので、子育てに対してモチベーションをあげにくいという理由もあります。

 

※ちなみに、私が最初に子育てを頑張ろう!って思った理由は共働きだったからです。

 

ADHDの旦那さんも子育てに無関心なわけではない

ADHDやASDってサイコパスじゃないので、自分の子供が生まれたら当然嬉しいわけです。

ただ、そのうれしさと子育てをうまく結びつけることが出来なかったりします。

 

「子どもが生れて嬉しいいーでも、どうやって子育てしたらいいの?あれもしたい、これもしたいけど、うまく出来そうにないな…」

 

んで、最終的に後回しになって、子育てに対して、何もできなくなってしまうんですよね。

これに関しては、上記で挙げたように、具体的な指示を出してあげれば、ある程度は改善できるのではと考えています。

 

あと、ADHDの旦那さんが子育てに対して無関心なようにみえるのは、

仕事の事で頭がいっぱいなだけ

かもしれません。

 

ただでさえ、ADHDで仕事でミスをしたり、遅くなってしまい、余裕がないのかもしれません。

しかも、子供もいるので、人一倍「自分が仕事頑張ってお金を稼いでやる!」って気持でいっぱいで、子育てという事まで考えがまわっていないのかも。

 

急な環境の変化に対応でいていないのかも

ADHD、ASDは急な環境の変化が苦手という特性も持っています。特にASD気質のある方が多いかもしれません。

 

私の体験談的な話なんですが、

正直なところ、最初の子供が産まれて嬉しいのはもちろんなんですが、その反面、状況の変化に戸惑いました。

  • いままでなかった生活サイクル
  • 家にいるときは、自分に向いていた妻の意識が全て子供へ向かってしまう孤独感
  • 自分の時間&スペースが無くなる事へのイラ立ち

こういった事が積み重なって、子供が生まれる前の自分とは違う現状に戸惑っていました。

 

戸惑いから、イライラしたり、何かをする余裕がなくなったり…

なんとなく情緒不安定みたいな感情から、子育てするのが億劫になっていた時期もありました。

それでも、子供が生まれて1年ぐらい経過してから、子供がいる生活スタイルにも慣れて、子育てができるようになりました。

 

「1年は長げーよ!!」

って言われそうですが、ほんとにこれぐらい、ADHD、ASDは環境の変化に弱いんですよね。

 

具体的に旦那に子育てをさせる方法

上記でも、少し例を挙げましたが、他に旦那に子育てをしてもらうための方法を挙げてみました。

個人差あるので、全てがうまくいくとは限りませんが、私の場合は、下記の方法で子育てを実行しています。

 

方法①:妻が具体的な指示をだす

繰り返しですが、具体的な指示を出すのは、有効な手段だと思います。

相手(ADHD旦那)に有無を言わせないぐらいの的確な指示をだすわけです。

考える前に行動させろ!です。

 

方法②:定期的に一人の時間を与え気持に余裕を持たせる

特にASD気質のある人だと、どうしても定期的に一人の時間がないと、何とも言えない閉塞感に襲われて押しつぶされてしまいます。

普通の人には、意味が理解できないかもしれないけど、事実です。

 

一人の時間がないと…

  • イライラする
  • 攻撃的になる
  • 無口になり不機嫌になる

どれも、理由を教えて!と言われても答えられないような感情なんです。

 

だから、あなたも大変だと思いますが、多少は一人の時間を与えてみてはどうでしょうか?

そこから余裕が生まれ子育てもできるようになるかもしれません。

関連記事 ADHDは1人の時間が必要!どうしても1人になれないときの3つの居場所

 

方法③:子育てしないなら掃除、洗濯をしてもらう

「旦那の子育てに関するセンスゼロ」

「逆にイライラしてしまう」

といった場合もあるかもしれません。

私がそんな感じです。自分では真面目に子育てやっているつもりでも、あなた(妻)からみたら「なにも考えてなさすぎ」と思ってしまうパターンです…

 

では、こんなときはどうするか?

子育てのタスクは諦めて、掃除、洗濯など、子供と関係のない部分で頑張ってもらいましょう。

これぐらいのタスクなら単純作業なので、普段、家事をしない旦那でも割とできる可能性が高いです。

 

ポイント

絶対に、少しぐらいは旦那にも子育て、もしくは家の事をさせたほうがいいです。

ADHDは、自分が経験したことじゃないと伝わらない事も多いです。

 

アラタ
私も実際に、自分がやるまで家事、子育ての大変さがわかりませんでした…

 

イライラして怒っても心に響かない…

どうしても、子育てしていて、夫がなにもしないでいると…

「こいつなにやっとんね」

「今すぐ、家から追い出したい」

もう、イライラのピークに達することなんてしょっちゅうかもしれません。(私の家ではしょっちゅう妻の怒号が響いています…)

 

では、いくら注意したり怒ったりしてもADHD夫には響かないのでしょうか?

私の考察としては、”半分正解で半分間違い”だと思っています。

 

というのも、基本的には、子育てに対して意欲的な部分もあると思うんです。

例えば

「子供と、いつかこれがしたい」とか「子供のために、これを覚えさせたい」とか、旦那の考えはあるはずです。

 

でも、ちゃんと考えている中で、妻から

「あなたは子育てについてなにも考えてなさすぎる」

「あなたは自分の事だけでいいわね」

みたいな嫌味を言われると、子育てに対するやる気半減…いや、ヤル気が消失してしまいます。

 

イメージ的には

おもちゃの片付けをしようとしていた子供に、親が「早くかたずけをしなさい!!」って、どなっちゃう感じ。

 

すると、いろいろやろうと思っていたADHD夫は天邪鬼になってしまうわけです…

こういう場面での接し方としては、4歳ぐらいの子供相手だと思ってもいいかもしれません。

 

まとめ:期待しない程度に手のひらでころがすつもりで接していく

上手く丸め込めれば、ADHD夫は、素直なので言う事を聞いてくれる確率は高いと思います。

ただし、それまでは一方的に自分の価値観だったり、言い分を通そうとするわがままみたいに見える部分がでてくるかもしれません。

悪く言えば、頑固かもしれませんが、一度、覚えてしまえば素直にできるようになります。

 

子育てに関して、妻であるあなたの負担が大きく、イライラや不安もあると思います。

そういうときは素直に相談して、話をする機会を作ったほうがいいかもしれませんね。

 

「夫も子育てをするのが当たり前の時代~」みたいに言われているけど、

重要なのは…

妻である、あなたの子育てに対する負担がどう減るか?どうすればイライラや精神的な負担の軽減ができるのか?

ということだと思います。

 

旦那に子育ては難しいかも…と感じるのであれば、別の負担軽減方法を模索するのもいいと思います。

本記事は、あくまで参考として例を挙げましたが、人によって対応は様々です。

いろいろ試して、あなたにあったライフスタイルを見けていきましょう。

 

-発達障害の子育て

Copyright© あらたいむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.