ADHDの結婚

発達障害をカミングアウトするタイミングは結婚前?それともしない?

『結婚してから発達障害が診断された』

『結婚したいけど、発達障害の事は隠すべき?』

『カミングアウトのタイミングってあるの?』

 

ARATAです。

二人目の子供が生まれて、奥さんが育休中にADHDであることをカミングアウトしました。(一人目ときは、まだ自分が病院に行っていなかった)その後の奥さんとの関係は、カミングアウト前と後では特に変わりありません。

 

一生一緒に生活するパートナーが出来た場合に、自分の発達障害の事はいつかは言わなければいけないときが来ると考えますよね。

もちろん、その通りですし、考えるだけでもすごく勇気がいります。

では、実際にカミングアウトするとなったときのタイミングはあるのでしょうか?そもそも、カミングアウトしなければいけないのでしょうか?隠すことはできる?

結論を言ってしまえばカミングアウトするべきです。

ですが、不安なも限りなく沸いてきます…

なので、今回は自分にとってカミングアウトが必要なのか?カミングアウトするときのモチベーションについて考えていきます、

 

カミングアウトをするタイミングは?

カミングアウトするベストなタイミングとしては、自分が発達障害と向き合って、納得した段階でするべきです。

具体的には、

  • 自分では改善策を何度繰り返しやってきてそれでも改善しなかった
  • 会社でもミスを繰り返し、これは正確とかの問題ではないと判断
  • 発達障害と診断されて治療を行うことで状況が改善された

とか、いろいろとチャンスはあるはずです。

 

『人に迷惑をかけてしまうから早く言わなければ…』

と思うのは、少し早い気がします。

 

カミングアウトは他の誰でもなく自分のためにするべきです

 

結婚しているか、していないかでもタイミングが変わってくる

結婚しているかでカミングアウトするかしないかの基準って変わってくると思います。

自分だけではなく、一緒に生活している相手がいるわけですから、相手の事を考えて行動をおこさないといけませんよね。

 

結婚している:カミングアウトするべき

もし、すでに結婚をしているならカミングアウトはした方がいいかもしれません。

すでにパートナー(相手)に迷惑をかけているかもしれませんが、これからも同じ内容で迷惑をかける可能性があるからです。

最悪の場合、迷惑が原因で離婚とかに発展する可能性もあるわけで…

脅すわけではありませんが、”ホントに幸せな家庭をつくりたい”ならば、腹割って話した方が心から幸せを感じられます。

 

夫婦は多少の隠し事も必要ともいわれたりしますが、発達障害の方でそんなに器用に立ち振る舞える人っているのでしょうか?

少なくとも私には無理でした。

参考リンク 大人の発達障害って自分の気持ちをすぐに言いたがるのかな

 

結婚していない:結婚する前にカミングアウト

結婚をする前に打ち明けるべきです。

上記の場合は、発達障害と知らずに結婚し後から発覚したケースなので仕方がありません。

ですが、結婚する前に発達障害と分かっているにも関わらず打ち明けないのは、後々の問題になる可能性が大きいです。

想像してみてください。

あなたのパートナーが実は結婚前に借金を作っていたとして、それを結婚してからカミングアウトしてきたらどうでしょうか?

嫌ですよね?

 

それと同じで、結婚するまでならお互いに結婚に対して考える猶予もできますし、なにより対策だって練れるわけです。

発達障害のセミナーに参加して知識を深めてみる、一緒に病院に行って診察がそんな感じなのか見てみる、などなど…

できることはたくさんあると思いますよ。

 

ここで、婚約破棄とかになるぐらいの相手なら、それまでの相手だったと割り切りましょう。

(実際になったら辛いですが…)

参考記事 発達障害の彼、彼女と結婚をしたいけど将来に不安がある【考える5つの事】

 

実績を積み上げたから告白してみる

カミングアウトには勇気がいります。

それが結婚していて気を許している相手だったとしてもです。

特に、男性の場合は仕事で怒られてばかりで自信が無く、言うのが辛いという事もあるでしょう。

例えば、相手から『やっぱり変だと思っていた』とか『これからの生活が不安』とか言われるのが怖いと思う事もあるでしょう。

アラタ
実際に私が一番怖かったのは相手を不安にさせることでした。

 

実例として、私の場合は、実績をつくってから言いました。

とにかく、仕事でミスを無くすようにして、自分に自信をつけました。これはストラテラのおかげしたが。

 関連記事 コンサータからストラテラに切り替えた効果 食欲減退したら試してみるべき

 

別に出世したとか昇給したとか、そんなたいそうなことではありません。

さささいな事でもいいと思います。

他にも、まだ治療を行っていなかったら病院に行って治療する。

そして、これから生活も頑張っていけそうと判断し自信をつけてみる。

病院に行く事は恥ずかしい事ではありませんし、今は、堂々とカミングアウトしている人も多いですからね。

 

相手に拒絶されたらどうする

一番つらいのは、『相手からの拒絶』だと思います。

結婚、もしくは結婚しようと思っている人にとってこんなに辛い事はないと思います。

最悪の場合、もしも拒絶されてしまったら一度は受け入れましょう。

 

自分も辛いですが、相手だって辛いんです。

 

拒絶を受け入れたうえで、今後どうしていくか考えていく必要があります。

この時、ショックが大きくてちゃんと話し合いができない、という状況もあるかもしれませんので、この時は少し時間を取ってみるのも一つのてかもしれません。

結婚は人生のターニングポイントです。多少の時間がかかってもいいでしょう。

人生という長い時間と相対的に比べれば、少しの間待つ時間ぐらい短いですからね。

 

離婚、婚約破棄されないか?

されないとは言えません。離婚・婚約破棄される事だって十分に考えられます。

それでも、いつかはしないといけないなら早い方がいいと思いませんか?

※結婚後に発覚した場合

例えば、結婚相手が”うつ病”を発症してしまったとします。

結婚後に発症したことなので、相手を責めることはできません。

そもそも、病気自体の事よりも『相手の事の方が心配』ですよね?』

それと同じで、結婚後であればいつカミングアウトを行ってもいいでしょう。

後はあなたの決心だけです。

 

結婚前であっても同じ事が言えると思います。

離婚、婚約破棄とかではなく、『相手の事が心配』というのが人間ではないでしょうか。

 

カミングアウトの順番

step
1
発達障害をカミングアウト

構想していた内容を素直に伝えていきましょう。

自分なりの伝え方や関係性もあると思うので、それぞれの伝え方でいいと思います。

step
2
全く別の良い報告をする

発達障害とは全く別で、良い報告をします。

例えば

  • 仕事が順調だ
  • 良い転職先が決まった
  • 資格を取得できたので少しは将来安心

といった感じです。

これであれば、先にいった発達障害のインパクトが少し薄れるので、その場だけではありますが、相手の気持ちの整理も追いつきやすいでしょう。

後から言われた良い話というのが、相手にとっては記憶には残りやすいのです。

 

関連

ちなみに私の場合は、情報処理技術者資格に合格したことを伝えました。

正直、転職や仕事に役立つかと言えば、即効性はないですが、パートナーはある程度喜んでいました(パソコン関係に疎いため)。

 

まとめ:自分らしい結婚生活していくには秘密にしておくのは無理がある

現代の社会生活では『空気を読んでなんぼ』という流れがあります。

空気が読めないとされる方が多い発達障害には辛い時代ですね。

確かに辛いですが、親、パートナーが発達障害を理解してくれており、『親やパートナーといるときぐらい空気なんて読まなくても良い』という関係性ができたら、とても生きやすい生活になるのではないでしょうか。

想像しただけで素晴らしい世界だなと思いませんか?

 

カミングアウトの一番のメリットは、家庭で『自分らしく生きられる』という事だと思います。

まずは、一番身近な人から伝えていく事を初めていき、自分らしい生き方ができる環境を整えていきましょう。

その後、薬なしで生活している体験談

コンサータ⇒ストラテラ⇒インチュニブ…

どれもある程度の効果はありました。しかし、反動でイライラや不安が常に付きまとってきていました。

そこで、「薬なしでライフハックだけで生きていけないか?」という事を考えた結果…

薬なしの生活をスタートすることにしました。

詳しい体験談は「note」の方にまとめてあります。よかったら、そちらの記事も参考にしてください。

noteはこちらから

 

-ADHDの結婚

Copyright© あらたいむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.