仕事のミスを減らす

【シーン別】大人の発達障害でもミスで周りに迷惑をかけない仕事術

「毎日ミスばかりで嫌になる。」

「本を読んだりして改善策を行っているのに上手く行かない。」

「自分は能力が低いんじゃないか」

怒られる過ぎるとマイナスの感情があふれ出してきて止まりませんよね。

また、毎日のように仕事でミスしていると、焦り、不安、イライラ…いろんなストレスに悩まされてしまいます。まあ、特に人間関係なんですけどね。

 

私(@1arata0424)自身も大人の発達障害(ADHD)であり、仕事でのミスで大変苦労しました。

「怒られるのが好きなんでしょ?」と嫌味を言われたり

「あんたちょっとおかしいよ」とストレートに言われたり

「もっとしっかりしてくれよ」と上司からは失望され…

お世事にも優秀だったと言える社員ではなかったです。

 

今も仕事で苦労していますが、それでも同じ職場で10年間働き続けることができています。同じ仕事を続けられている理由は、私なりの仕事術があったからです。

私なりの仕事術は、一般的なビジネス本や自己啓発本に載っているようなノウハウではありません。私もだいたいの本の内容は試しましたが、自分にはまったく当てはまらず役に立ちませんでした。

自分が大人の発達障害で、「自分は人とは違うんだ」と認識したことで、私なりの仕事術の試行錯誤を行い、結果、同じ職場で10年間以上働き続けることができたというわけです。

では、同じ職場で10年以上働いている、私なりの仕事術とはどんなものなのでしょうか?

この記事では、大人の発達障害当時者でなければわからないような気持ち、対応策をまとめて情報をシェアしていきたいと思います。

 

大人の発達障害の仕事上の困った特徴

大人の発達障害はASD、ADHD、LDの大きくわけて3つに分けられます。特に仕事をする中で目立つものとしてASDとADHDがあります。

ASDの仕事上の困った特徴として、

  • 抽象的な指示を理解できない
  • 臨機応変な対応が苦手

などがあげられます。

ADHDの仕事上の困った特徴として、

  • 予定や計画の管理が苦手
  • うっかりミスが多い

などがあります。

なので、まずは上記の事に該当するからといって自分は仕事ができない、能力が低い人間だとは思わないで欲しいです。

あくまで、先天性である発達障害が起因しているものと考えれば少しは気が楽になるのではないでしょうか。もちろん、自己努力は必要ですが、自分のできること、できない事を知るという事は大事なことという訳です。

 

では、次から大人の発達障害が原因で仕事でミスを起こしている人が、会社の人に迷惑をかけないように働いて行くための仕事術を紹介していきます。

 

臨機応変な対応ができるようにならなくても問題ない

仕事で臨機応変な対応ができたらどんなにいいでしょうか?大人の発達障害当事者からしたら、喉から手が出るほど欲しい能力かもしれませんね。

でも、仕事で臨機応変な対応ってホントに必要でしょうか?

私は必要ないと思っており、本当に仕事で必要な事ってシングルタスクで十分だと考えています。

 

仕事が理解できないときは無理に覚えなくてもいい

何度言われても仕事が覚えられない事ってありますよね。たまにだったらいいのですが、仕事を教えて貰うたびに、理解できない、わからないってなったら仕事を教えて貰った上司や先輩に申し訳ないですよね。

 

私は、仕事が理解できないときは全てを覚えようとはしませんでした。結果、全く覚えられないときよりは、仕事を覚えられるようになりました。

 

先延ばししないのはコツがあります

仕事をしているとどうしても先延ばししてしまいます。

自分では、「急ぎの要件だ」「納期までに間に合わせなきゃ」という焦りの気持ちがあるにも関わらず、実行できない。結果、間に合わずに怒られてしまう…

大人の発達障害から来ている事ですが、それでも、コツさえつかんでしまえば、先延ばしも改善できます。

 

優先順位は仕事をする上で重要なのでできるようになる

大人の発達障害で、できること、できないこと、がありますが、それでも優先順位だけは仕事をする上で出来たほうがいいスキルです。

仕事は毎日忙しく、次々に仕事の依頼があるので、焦ってしまいますが、焦りが優先順位をつけられない原因かもしれません。

 

ケアレスミスを無くすのは難しいかもしれない

大人の発達障害、特にADHD特性のある人にとってはケアレスミスを完全になくすことは難しいかもしれません。もちろん、多少の改善はできますが、完全に改善さえることは難しいかもしれません。

それでも、多少の、改善で仕事がスムーズにいき、仕事がしやすい職場環境にもあると思います。

改善しないよりは、改善したほうが断然いいですもんね。

 

すぐに忘れるときはメモとかアナログなものが使いやすい

物忘れは大人の発達障害にとって永遠の課題かもしれません。また、上司や先輩の指示を忘れたりするなんてことはしょっちゅうです。

すぐに忘れてしまう特徴ですが、割とアナログ的な解決方法のほうが、大人の発達障害には向いていると思います。

 

仕事にマルチタスクは不要です

マルチタスクと聞くと仕事ができそうとか、かっこいいというイメージありますが、大人の発達障害にとっては、全く不要なスキルです。

マルチタスクでなくても、できる仕事はたくさんありますし、マルチタスク以外にも必要なスキルってたくさんあります。

見た目にとらわれず、自分に合った働き方をした方がいいでしょう。

 

仕事が遅いと言われたら改善するべきこと

仕事は少しでも早い方が有利ですよね。周りに迷惑をかけないし、早く帰れるし…

でも、仕事が遅いとどうしても早く帰れない、周りに迷惑もかけてしまいます。

なので、少しでも仕事が早く終わるように情報をまとめました。

 

仕事中の居眠りは最大の敵です

仕事中の居眠り…

大人の発達障害にとって最大の敵ですよね。どんなに頑張っても対処することができない。頑張ってもいつの間にかにか寝てしまう。そして怒られ、反省してまた居眠り…

大人の発達障害から来ているので、完全になくすことはできないかもしれませんが、それでも私は居眠りを一切しなくなりました。

 

会社で「仕事ができないね」と言われないようにするためには

仕事でミスして、自分でも「次は気をつけよう…」といつも思っているのに、なぜか仕事ができないレッテルを張られてしまう…

仕事ができないのには、改善しようという気持ちだけではなくて、具体的な改善方法が必要になってきます。

具体的な改善策を何度も繰り返し行っていく事で、自分なりの仕事術を構築することができます。

-仕事のミスを減らす

Copyright© あらたいむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.